So-net無料ブログ作成
検索選択

糖尿病改善プログラム 自宅でラクにできる「青坂式」 今までの糖尿病治療は間違えだらけだった

.
   ★今までの糖尿病治療は、間違えだらけだった!


   あらゆる治療を試しても
血糖値やヘモグロビンA1cの数値がなかなか下がらず
『合併症』を併発したり悪化しないかと心配ではありませんか?


糖尿病で恐いのは合併症です(ウェブ糖尿病教室)

糖尿病による悲劇をさけるためには、
その合併症について正しく理解することが不可欠です。

  糖尿病で病院に行って、
コントロールが悪いと「目が見えなくなる」とか

「腎臓が悪くなって透析を受けなければならなくなる」などと脅かされた方

も多いことと思いますが、実際に途中失明や透析導入の原因の
ナンバーワンが糖尿病なのです。

⇒⇒ 糖尿病改善プログラム 自宅でラクにできる「青坂式」 今までの糖尿病治療は間違えだらけだった



  その1:糖尿病性網膜症

  ヒトの眼の構造はよくカメラに例えられます。 レンズの役目を果たすのが水晶体で、
フィルムの役目を果たすのが網膜です。
この網膜が長年の高血糖によって障害を受けると
糖尿病性網膜症となり、 治療が困難で最悪の場合失明に至ります。



  その2:糖尿病性腎症

  腎臓の一番大切な働きは血液中の老廃物や不要物を尿中に排泄し、
かつ必要なものは漏らさずに血液の適正な環境を保つことで、
この働きが失われると尿毒症となってしまいます。

尿毒症になると人工透析をうけないと
生きていくことが出来ないのですが、
現在では新たに人工透析を導入される原因の第一が糖尿病です。



  その3:合併症、多くは血管の病気

  糖尿病の合併症の多くが血管の病気と絡んでいるため、
糖尿病は実は血管の病気であるとさえいわれます。

糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などは、細動脈や毛細血管
などの比較的小さな血管の障害が中心となっておこる病気で、
専門用語で糖尿病性細小血管障害とよばれ、
糖尿病に特徴的な病変であると考えられています。



  その4:糖尿病性神経障害

  糖尿病性神経障害の最も典型的な初期症状は、両足の裏のしびれです。
よく「足の裏に皮が一枚余分に貼っているような感じ」とか
「素足で歩いているのに、靴下をはいているような感覚」などと表現されます。
やがて、しびれはだんだん上の方へと広がり始め、両手指も先端からしびれ始めます。
ひどくなると殆ど痛みを感じなくなり、
足にけがをしていても気づかなかったりする恐れがあります。

たかがしびれと言っても、軽視は出来ません。
足が腐って切断しなければならなくなる糖尿病性壊疽になりかねません。



  その5:合併症の進行と体質

  高血糖状態が続くとどうして合併症が生じるかは、
まだはっきりしていませんが、血管合併症、
とくに腎症は血圧が高いヒトほど進みやすい事が知られています。

このため、糖尿病の患者さんは定期的に血圧もチェックする必要があります。
さらに、血糖コントロールがかなり良くても合併症が出現する不運なヒトや、
その逆にコントロールが今ひとつでも案外進みにくいヒトなど、
合併症の進み方にはかなりの個人差があります。


  健康ふすまパンなどに使われている発明特許を持った、京大卒の荒木裕が教える、
重く深刻な糖尿病患者がたった2週間で薬〓インスリンと決別することができた方法とは?

今までの糖尿病治療は間違いだらけでした

  病院へ通い続けても糖尿病を克服する事は不可能です。
根本から糖尿病を克服する方法を詳しく教えます!
⇒⇒ 糖尿病改善プログラム 自宅でラクにできる「青坂式」 今までの糖尿病治療は間違えだらけだった



   ★プロフィール

   荒木裕

1962年 京都大学医学部卒
1967年 京都大学医学部大学院卒
1968年 大阪北野病院勤務
1971年 米ハーバード大学付属 小児病院脳神経外科研修医
1973年 米ハーバード大学医学部 臨床栄養学准教授
1976年 アメリカ国立公衆衛生研究所 客員研究員
1977年 アメリカサウスカロライナ大学 医学部印無
1983年 崇高クリニック開設


  活動実績

アメリカ国立公衆衛生研究所 客員研究員任命状

アメリカハーバード大学医学部 臨床栄養学部准教授委任状

健康ふすまパンなどに使われている発明特許




   病院へ行ってもあらゆる治療法を試しても血糖値が下がらない・・・

それはそもそも治療方法が間違っているからなのです。
糖尿病を克服するためには本当の方法を知る必要があります。

正しい方法さえ知ってしまえば薬もインスリンも必要ありません。

あなたもインスリン・薬漬けの毎日から抜け出し、
健康な生活を送りたいと思いませんか?


糖尿病は治らない・・・

多額の治療費を払い投薬を続け
インスリン注射を打ち続ける毎日・・・

一度糖尿病になってしまったら仕方ない・・・
そんなふうに考えていませんか?

  一生、我慢し続ける生活を送ることに疑問を感じませんか?

本当は糖尿病は克服できる病気なのです。

多くの人が糖尿病で苦しみ続けているのは
正しい克服方法を知らないからなのです。

あなたも正しい糖尿病の克服方法を知って、
合併症に怯えることなく制限のない健康な生活を送りたいと思いませんか?


  あなたは糖尿病の本当の怖さを知っていますか?

糖尿病は病院で治療を続けていても悪化する事があります。

効果のある治療法に出会えないと

 ・糖尿病性網膜症
 ・糖尿病性腎症
 ・糖尿病神経障害

などの重大な合併症を引き起こし
通常の生活を送れなくなってしまう可能性も・・・


  糖尿病を克服するか・しないかは
あなたの人生だけではなく、
あなたの家族の人生も左右する非常に重大なものです。

  現在、世の中に多く広まっている糖尿病の治療法は
間違ったものだらけです。

辛い・苦しい我慢を続け、高い治療費を払い続けても
今のままでは糖尿病を克服する事は難しいでしょう。

あなたがもし、
本当に糖尿病を克服して健康な生活を送りたいと思うのであれば
今すぐにでも正しい治療方法を実践してください!!


  あなたの糖尿病は、今の治療法で本当に良くなっているでしょうか?

あなたの周りに糖尿病を克服した方が何名いらっしゃるでしょうか?

それどころか、あなたの周りの糖尿病患者さんは、
どんどん症状を悪化させてはいないですか?

  じつは、地球上には
「糖尿病にならない民族」が存在しています。

もちろん私たちと同じ普通の人間です。

ではなぜ彼らは糖尿病にならないのでしょうか?

  彼らの生活を研究し「ある法則」を導き出しました。

糖尿病にならない生活を知る
⇒⇒ 糖尿病改善プログラム 自宅でラクにできる「青坂式」 今までの糖尿病治療は間違えだらけだった



   正しい糖尿病の克服方法を実践すれば

 ●血糖値をコントロールして健康な生活を送れるようになる

 ●血糖値やヘモグロビンA1cの数値を気にしすぎて不安になる必要が無くなる

 ●薬やインスリンに頼らなくてよくなる

 ●合併症の恐れや悪化の心配から開放される

 ●高額な治療費から開放される

 ●治療にかかっていた通院時間や治療時間を有効活用できる


  今までの辛い・苦し制約だらけの生活から抜け出し
病院に通わなくっても健康な生活を送れるようになります。



  今通っている病院の先生の治療方法を信じている
自分だけは合併症にはならない

そう思うのであれば、今のままの生活を続けていく事も良いと思います。

しかし、自分の体は1つしかありません。

重大な合併症を引き起こし、手遅れになってからでは遅いのです。

  あなたとあなたの家族の未来のために、
本当に効果のある治療方法を実践して
合併症に怯えることなく制限のない健康な生活を送って下さい。
⇒⇒ 糖尿病改善プログラム 自宅でラクにできる「青坂式」 今までの糖尿病治療は間違えだらけだった









クリックお願いします







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。